新型コロナ感染予防対策 光触媒コーティング

弊社は新型コロナ感染予防対策として、室内の内壁・外壁、什器等に光触媒コーティングを取り入れることが可能となっております。

光触媒コーティングとは?

光合成のように自然のエネルギーを利用した環境改善に役立つ地球にやさしい日本発祥の技術です。

太陽やLEDなどの光が当たることで、表面で光を吸収した酸化チタンが、空気中の水分や酸素から強力な酸化力を持つエネルギーを発生させます。

このエネルギーを使うことにより、建物の汚れを防ぎ、空気をキレイにすることができます。

 

実験として、光触媒コーティング塗装をした時としていない時の汚れをテスターで測りました。

※参考として、台所にある「まな板」の管理基準値は500RLUで、この数値が高くなると、汚れていることになります。

 

実験① 集成材(木材を接着剤で再構成して作られる木質材料)

画像で見づらいかもしれませんが、真ん中から〇シールが貼っている方が光触媒コーティングし、シールが貼っていない方が素材のままになります。

検査方法はルシパックpenと検査用器具の綿棒部分を水道水で湿らせて、検査対象の素材を拭き取り、それを粉末の試薬で溶かし、ルミテスターという測定器に入れて測定をします。

 

素材のままの方は「1293」

 

光触媒コーティングは「260」

 

 

実験② コーリアン(人工大理石)

素材は「1530」

光触媒コーティングは「351」

 

 

 

実験の結果、光触媒コーティングをすることにより、汚れを大分小さくすることができました。

こちらはあくまでも一例ではなりますが、光触媒コーティングをすることにより、抗菌・抗カビ効果、ウイルスに効果は期待出来ますが、新型コロナウイルスに効くかの実証は出ておりません。

ご興味があれば、お気軽にお問い合わせください。

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

ウェブで簡単ふるさと納税さとふる

プロジェクト一覧

PAGE TOP